丈夫な花ジャーマンアイリス

HOME へ |  ジャーマンアイリスとは |  ジャーマンアイリス写真集 |  ジャーマンアイリス園案内 |
ジャーマンアイリス関連サイト |  園芸関連サイト |  ガーデニングサイト |  家庭菜園サイト | 
ハーブに関するサイト |  バラに関するサイト |  クリスマスローズ関連サイト |  プロフィール


               お盆は家族が集まったら暑さから逃れて涼しい所に行きたいですね!お盆休み旅行は避暑地へ!


NEW こちらでジャーマンアイリス専門の通信販売をしています!ご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ジャーマンアイリス通信販売 花さかじじいネット



★ 現在Yahooオークションでジャーマンアイリスをお得な価格で販売中です!こちらです★

ジャーマンアイリスの育て方

ジャーマンアイリスの栽培方法

以下はジャーマンアイリスの栽培方法ですが、栽培する土地の性質や気候、また、個人のやり方によりいろいろな 方法があると思いますので、参考情報としてお使いください。
いろいろと書いていますが、ジャーマンアイリスは大変丈夫で手間のかからない植物なので、気軽に栽培をお楽しみください。

ジャーマンアイリスを植える場所 ●ジャーマンアイリスの植える場所
 ・日当たり、水はけ、風通しのよい乾燥した土壌を好みます。
 ・夏に涼しい高冷地ではよく育ちます。
 ・植え替えは花の終わった6月〜9月にかけて行います。
  寒冷地では早い時期に根付かせるため8月中に行ってくだ
  さい。
  ※梅雨時期に植える場合には、株の切り口を充分乾かした
   状態で晴れた日に行いましょう。  ・土質は特に選びませんが、水はけのよい土質ならばどん
  な場所でもよいでしょう。
  石が混じった荒れた土地や土手の斜面などでもよく育ちます。
 ・アルカリ性の土を好むので、酸性土の場合は苦土石灰、草木灰をを混ぜてアルカリ性にします。
 ・野菜を育てた土地などは、肥料分が多いため軟腐病にかかりやすいので避けてください。
 ・花壇植えや畑植えのような地植えの他に、鉢植えやプランターでも栽培できるので、ベランダ
  でも栽培可能です。


ジャーマンアイリスの植え方 ●ジャーマンアイリスの植え方
 ・植える株(球根)の準備
  ◆古い葉や枯れた葉は腐る原因になるため取り除いてくだ
   さい。
  ◆株の植え替えの場合は、親株から子株をポキポキ折って
   分割します。切り口から病気が発生しないように直射日
   光に数時間当てて完全に乾燥させてから植えつけます。
  ◆株が風で倒されないためと葉からの水分蒸散を防止する
   ために、株から15cm位のところで葉をカットします。
   風の当たりを小さくするために、カットした先が三角に
   なるようにカットしてください。
 ・日本の土地のほとんでは酸性なので弱酸性〜中性にする必要があります。石灰をまく場合は1ヶ月〜1週間
  前に土に混ぜておきます。苦土石灰や草木灰は植える直前に混ぜても構いません。(混ぜる量:1uにひと握り)
 ・晴れていて地面に湿気がない日に植えてください。雨が降りそうな時は避けてください。
 ・梅雨時期に株を購入した場合は、極度に乾燥しないように保存して後で植えるか、植える場合は晴れた日を
  選んでください。
 ・植え替えは花の終わった6月〜9月にかけて行います。
  真冬を除く上記以外の時期でも植替えは可能ですが、次の春での開花は期待できません。
  梅雨時や真夏の雨量の多い高温多湿の時期には、軟腐病にかかる可能性があるので、株の切り口や根が乾い
  た状態で晴れた日に植えてください。
 ・地植えの場合は土を盛って高畝を作りその上に植えてください。
 ・根を真下に真直ぐ埋めるため、ある程度の深さの穴を掘ります。
 ・根茎の背中(葉の根元の株)半分が地上に出るように浅植えにします。この浅植えが軟腐病の防止になりま
  す。根が浮いて出るほどの浅植えは、株が乾燥してしまうので注意してください。
  植えつけ後は周りの土を手の平で押さえて固めて風で倒れないようにします。
 ・植える場所別の植え方のポイント
  ◆花壇植え
   日当たり、排水性、風通しの良い場所に植えます。排水性が悪い場合は土を盛ってその植えに植えつけま
   す。
  ◆畑植え
   畝を作りその上に植え付けます。雑草が生えやすく通気性が悪くなるので、雑草の駆除が重要になります。
  ◆鉢植え
   根が長く伸びるのでなるべく大きめの8号鉢(24cm)に1株を植えます。
   排水性のよい土(赤玉土7、腐葉土3)を入れます。
   日当たりの良い所に置きます。梅雨時は湿気を避けるため雨の当たらない場所に移動します。
  ◆プランター植え
   横に長い長方形のプランターである程度深さのあるものがよいでしょう。
   排水性のよい土(赤玉土7、腐葉土3)を入れます。
   日当たりの良い所に置きます。梅雨時は湿気を避けるため雨の当たらない場所に移動します。


●水やり
 ◆地植えの場合
  乾燥には強いため、ほとんど与えなくて大丈夫です。しかし、植物なので極端に乾燥している雨の当たら
  ない場所では生育が悪くなるので水を与えてください。
 ◆鉢植えやプランター植えの場合
  用土が乾いたら鉢底から水があふれるくらい与えます。
  夏は週に1回程度の頻度で水を与えます。


●肥料
 ◆地植えの場合
  肥料はよほどの痩せた土地意外は与える必要はありません。肥料を与えすぎると軟腐病にかかりやすく
  なります。特に硫安や尿素、油かす、鶏糞などの窒素質肥科は軟腐病になる確立が高いので控えてく
  ださい。
  極端なやせ地や、生育状態がきわめて悪いような場合だけ肥料を施してください。元肥は施さないで
  追肥だけで栽培した方が良いです。元肥を施すと根付きが悪くなったり、枯れる場合があります。
  追肥は根が活着した1ヶ月後くらいに施します。2回目の追肥は更に1ヶ月から1ヶ月半後に施しま
  す。3回目は春の芽出し肥として、3月頃に施します。寒冷地では、4月頃がよいでしょう。
  肥料は一般に市販されている、化成肥科(窒素、リン酸、カリの3要素が等分に配合されているもの)
  で充分です。株間に適量(小さなティースプーン1杯程度)、施すようにしてくだざい。
 ◆鉢植えやプランター植えの場合
  鉢植えやプランターでは肥料分の減りが早いため、肥料を適切に施す必要があります。
  元肥を施す場合は、リン酸、カリを主体として、骨粉や硫酸カリを使用します。また、マグアンプK
  を使用するのもお手軽で良いでしょう。
  追肥の時期や肥料については、地植えと同じです。
 


ジャーマンアイリスの枯れ葉の管理 ●ジャーマンアイリスの管理
 ◆枯れ葉の管理
  春夏秋の間にジャーマンアイリスの葉は常に成長し、新
  しい葉が出ては古い葉が枯れていきます。
  この枯れた葉を放置しておくと株もとの風通しが悪くな
  ったり、梅雨時には枯れ葉が腐り軟腐病が発生する恐れ
  があります。定期的に枯れた葉は除去してください。
  
            茶色くしなびた細いのが枯れ葉です→
  
  
ジャーマンアイリス畑の雑草の管理  ◆雑草の管理
  ジャーマンアイリスの周りに雑草が生えると風通しが悪
  くなり、株周りの湿気が増すので雑草は取り除いてくだ
  さい。特に梅雨時は雑草が急成長するので注意が必要で
  す。ジャーマンアイリスの数が多い場合は、雑草対策に
  薄めの除草剤を使う場合もあるようです。
  雑草は繁殖力旺盛なため放っておくとジャーマンアイリ
  を覆いつくしてしまうため、早い時期の対応とこまめな
  除草が重要です。
  
  
ジャーマンアイリス梅雨時の注意  ◆梅雨時の注意
  梅雨時の高温多湿の時期にいろいろな病気が発生する恐
  れがあります。ジャーマンアイリスの栽培でこの時期が
  一番重要です。注意する点は株の上まで土で覆われてい
  たら土を取り除き株の半分が地上に出るようにします。
  枯れ葉や雑草も除去してなるべく株への湿気を避けまし
  ょう。雨よけをすることにより乾燥した状態を保つこと
  もできます。雨よけをしなくても充分に栽培は可能です
  が、余裕があったら試してください。
  
  
ジャーマンアイリスの花の管理  ◆花の管理
  強風により花茎が倒されることがあります。花で重くな
  った花茎は支柱で支えてあげてください。
  ジャーマンアイリスが1本の花茎に4〜6の花芽がつき
  ます。これらは順々に咲いていきます。
  咲き終わった花は早めに摘んでおくと次の花に養分が行
  き、きれいに咲きます。
  花が全部咲き終わったら、翌年の花つきをよくするため
  にハサミで花茎を株元から切り取ります。
  花茎を残しておくと腐ったりする場合もあるので除去し
  てください。
  
 ◆病気の予防
  高畝や斜面に植えて排水性をよくする。
  病気の原因になる枯れた葉や花後の茎を直ぐに取り除く。
  冬以外では、根が張ると株が地面に埋もれるため株の半分が地上に出るように土を取り除く。
  病気になった株は、直ぐに処分する。
  病気の予防の薬としてベンレート水和剤やアグリマイシン等の殺菌剤の散布をしてください。
  特に高温多湿の梅雨時に有効となるでしょう。
  ※当ショップでは自然派栽培のため、薬剤は使用していません。   
ジャーマンアイリスの寒冷地での管理  ◆寒冷地での管理
  夏でも涼しく高温多湿に悩まされない寒冷地ではジャー
  マンアイリスの栽培に最適です。ジャーマアイリスは耐
  寒力が非常に強く地面と一緒に凍結しても被害はありま
  せん。積雪が株を覆っても平気ですが、特に凍結がひど
  く株が浮き上がってしまうところでは防止のために、株
  の上に土や落葉等をかぶせます。
  しかし、暖かくなる3月上旬には、かぶせた土や落葉を
  取り除く必要があります。
  
  
 ◆株分け植え替えについて
  ・花は植え付けてから2〜3年が見ごたえがありますが、そのまま植えたままにして株が混み合って
   くると、株が弱ってきたり花が咲かなくなります。従って2〜3年毎に株分けします。
  ・生育が良く株数が急激に増える場合には、毎年株分けしてもよいでしょう。プランターや鉢植え
   の場合は、毎年植え替えが必要です。
  
  ・<ジャーマンアイリス株分け方法>
   (1)根を切らさないように株から20cm位手前でスコップを入れます。強く寝ずいている場合
      は株の周囲の数箇所にスコップを入れてから堀りおこしてください。
   (2)株を揺さぶって土を払い落とします。
   (3)親株から出ている大きくなった子株を親株と子株の接合した細い部分で折り分割します。
   (4)根がボロボロで栄養分のない親株は処分します。
   (5)まだ小さくわき芽の出ていない子株は親株に付けたままにして植えることができます。
   (6)分割した子株の葉は15〜20cmほど残して先がとがるようにカットします。
   (7)分割した子株は、切り口がしっかり乾燥するように日陰干ししてください。切り口を充分に
      乾燥しないまま植えるとそこから病気が発生しるので気をつけましょう。
  
  ・<ジャーマンアイリス植えつけ方法>
   (1)広い庭や畑に植える場合は土を盛って畝を作ります。花壇に植える場合は、盛り土を作りま
      す。土を盛った天辺に植えるのは水はけをよくするためです。水はけの悪い場所に植える場
      合は特に盛り土をしてください。
   (2)植えつける一週間前くらいに苦土石灰や草木灰を土に混ぜます。私の場合は面倒なので株を
      植えつける直前に苦土石灰を土に混ぜてから植えつけています。
   (3)土を盛った天辺にスコップで真下に植えつける穴を掘ります。出来れば根の長さ位の高さに
      掘れれば理想的ですが、大変な場合は根を折り曲げて植えつけられる高さで構いません。
      時間がない場合は、穴を掘った時点で苦土石灰を土に振りかけるように混ぜてもよいでしょ
        う。
     (4)植えつける株の根が真下に下りるように穴に入れ土をかけて植えつけます。株を湿気から守
      るように株の頭半分が出るくらい浅植えします。秋に植えつける場合は、冬の寒さから株を
      守るために株の頭が少し出るくらい深植えしてもよいでしょう。
   (5)株が風でぐらつかないように、土が固くなるくらいしっかり手で株の周囲の土を押さえつけ
      てください。
   (6)株と株の植える間隔は畑の場合は30cm、庭植の場合は20cmにします。一般的な長方形の
      プランターでは2株植えれば充分です。ジャーマンアイリスの子株は株のお尻の部分(白く
      なっている部分)から成長するのでプランターの中央に葉茎がくるように植えてください。
  
  
               春の短期バイトおすすめなら!バレンタイン バイト 稼げる!好条件のアルバイトがある!   
  
 ◆ジャーマンアイリスの植え替え手順 (植え替える株の準備) ※以下の植え替え写真は9月のものです
ジャーマンアイリスの葉に品種名を書く ジャーマンアイリスの枯葉と雑草を除去する ジャーマンアイリスの株元にスコップを入れる
株分けした後に品種が判別できるように油性マジックで株元の葉に品種名を書きます 枯葉と株の周りの雑草を取り除きます
                            
根を傷つけないように株の手前20cmの所にスコップを入れます            
ジャーマンアイリスの株の周囲全体にスコップを入れて堀り上げやすいようにする ジャーマンアイリスの株を掘り上げる ジャーマンアイリスの根に付いた土を手で取り除く
株の周囲全体にスコップを入れて堀り上げやすいようにします 株の周囲の1箇所にスコップを入れ手前に倒し、株を堀り上げます
                            
手で根に付いた土をできるだけ取り除きます            
ジャーマンアイリスの根を地面にたたきつけ土を落す 土を落したジャーマンアイリスの根 根の土を取り除いたジャーマンアイリスの株
両手で株元の葉をつかみ少し持ち上げて地面にトントンぶつけて残りの土を落とします このように根についた土が少なくなると株分けしやすくなります 多少は土が残っていてもかまいません
                            
根の土をきれいに取り除いたジャーマンアイリスの株です            
ジャーマンアイリスの親株から子株を株分けする 株分けしたジャーマンアイリスの子株 次々とジャーマンアイリス子株を分離する
中央の親株に付いた子株を株分けするために、親株と子株の接合部分で子株を折り分離します このように子株が分離されます
                            
親株の周りから出ている子株を次々と折り分離します            
株分けしたジャーマンアイリスの子株 株分けが終わったジャーマンアイリス親株 ジャーマンアイリスの葉のカット
このように8つの子株に分かれました これらが今度は親株になります 株分けが終わった親株は根がボロボロで栄養分はありません もう育たないので捨てましょう  小さな子株が付いていてその近辺の根が元気な場合は、また植えることもできます                             植替え時の葉や株の乾燥を防ぐためと株が風で倒れないために、葉丈が15〜20cmくらいに なるように剪定バサミでカットします            
葉がカットされたジャーマンアイリス 株の切り口を乾燥させるために天日に当てるジャーマンアイリス 株分けしたジャーマンアイリス株には新たな子株が生えている
このように山型に先がとがるようにカットしたら完成です 葉をカットしたら病気を防ぐために株の切り口を乾燥させるために天日に当てます                            株分けした子株にはお尻の部分から新たな子株が生えています  来年にはこの子株が株の周囲にも生えてきて大きくなります           
  
  
 ◆ジャーマンアイリスの植え替え手順 (植えつけの仕方) ※以下の植え替え写真は9月のものです
畑にジャーマンアイリスを植えつける畝を作る 苦土石灰をバケツに用意 畝にジャーマンアイリスを植える穴を掘る
畑に植える場合は畝を作ります(左の畝を参考) 1列に植えたり2列交互に植えたりできますが、 2列交互の方が花が咲いた場合に花のボリューム感が出ます ここでは2列交互に植えます  従って畝幅は60cmくらいにします   石灰や苦土石灰は1週間前に畝を作るときに土に混ぜておきますが、ここで は植える直前で土に混ぜます 苦土石灰をバケツに入れ用意します。植え付け穴を掘るスコップには土がつきますので、 もう一つ苦土石灰をかける専用のスコップも用意します
                            
畝の天辺に穴を掘ります。掘る深さはジャーマンアイリスの根の長さが理想的ですが、 大変な場合は、根を多少折り曲げて植えられる深さでもよいでしょう            
掘った穴と堀リ上げた土に苦土石灰をばらまきます 準備したジャーマンアイリスの株を植えつけます
掘った穴と堀リ上げた土に苦土石灰をばらまき少し混ぜます 準備したジャーマンアイリスの根が穴に真直ぐ下に入るように植え付けます 穴が浅い場合は多少は根を折り曲げて 植えてもようでしょう
                            
土をかぶせて手で地面を押さえ付けます 風により株がぐらつかないように株の周囲は地面が硬くなる くらいしっかり押さえ付けてください 株の半分が地面から出るくらい浅植えします(晩秋に植える 場合は寒さ対策で株の頭が少し出るくらいに深植えしてもよいでしょう          
株間20〜30cmになるように次の穴を掘る ジャーマンアイリスの植える向きも考慮する 畝の端に植えると根が伸びるスペースがなくなるので注意
先に植えた株と株間20〜30cmになるように次の穴を掘ります 苦土石灰をまき、株を植えつけます このように接近して植える場合は株のお尻の部分 (株の切り口とは反対の方)が向き合わないように注意してください  ジャーマンアイリスの子株は一般的にお尻の部分に成長しますので向き合うと株が込み合い ます
                            
畝の端に植えると根が伸びるスペースがなくなるので注意してください            
ジャーマンアイリスはしっかり植えつけてください ジャーマンアイリスの植える間隔 ジャーマンアイリスを植えつけた畝
しっかり植えつけてください このような株の間隔(20〜30cm)で植えつけていきます
                            
ジャーマンアイリスを植え付け後の畝の様子です            
ジャーマンアイリスを花壇に植える場合は盛り土をします 盛り土の植えに植えたジャーマンアイリスの株 根が安定し少し成長したジャーマンアイリスの株
花壇にジャーマンアイリスを植える場合は湿気を防ぎ乾燥気味にするため盛り土をします  苦土石灰を混ぜて盛り土の天辺に穴を掘ります            根が穴に真直ぐ下に入るように植えつけます。地面をしっかり押さえて株がぐら つかないようにしてください 梅雨など湿気の多いときは浅植えにし、冬に近い秋は 寒さ対策のため深植えします。                            しばらくすると根も安定し子株の葉も伸びます            

                            お正月海外旅行:長期休みのお正月は思い切って海外旅行もいいものです♪

ジャーマンアイリスの病害虫

ジャーマンアイリスの病気や害虫です。発生する前の予防が大切でしょう。特に高温多湿の時期に注意しましょう。

名称 症状 特徴 治療法 予防法

  工事中

cow_tree.gif 41x514 4.00KB

★ このサイトに関する感想やご意見は私にメールでください


HOME へ | ジャーマンアイリスとは | ジャーマンアイリス写真集 | ジャーマンアイリス園案内 | ジャーマンアイリス関連サイト |
園芸関連サイト | ガーデニングサイト | 家庭菜園サイト | ハーブに関するサイト | バラに関するサイト | クリスマスローズ関連サイト |
プロフィール



NEW こちらでジャーマンアイリス専門の通信販売をしています!ご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ジャーマンアイリス通信販売 花さかじじいネット



魅惑の花ジャーマンアイリス